可愛らしい花を咲かせますので、観賞用にぴったり。

エキナセアについて

エキナセア

◆ マスカットの香り

キク科の多年草のエキナセアは近年、風邪に効果のあるハーブとして人気が高まっています。 しばしばサプリメントなどでも目にすることが多いですよね。 エキナセアは紫色っぽいデイジーのような、 可愛らしい花を咲かせますので、観賞用としても花壇にマッチします。 免疫力を高め、風邪の初期症状などに効果があると言われています。

エキナセアは乾燥気味の肥えた土を好むので、日向の水はけの良いところを選んで植えるようにしましょう。 寒さにも強く、育てやすいハーブです。 ただし寒冷地では、室内に入れるまでする必要はありませんが、根元にマルチングをして根を凍らせないなど対処が必要となります。 このマルチングも、適当に落ち葉を厚めにかぶせるくらいで良いでしょう。 種まきからするなら春です。 こぼれた種からも発芽しますので、だんだんエキナセアが増えていくかもしれないですね。

増やしたい時は、種をとっておいてまくといいですが、もし株が大きくなっていたら株分けも可能です。 ただ基本的にエキナセアの株はそれほど広がらないので、無理にはわけて枯らさないよう注意して行いましょう。 とても丈夫でこれといった手入れも不要な初心者向けハーブですが、うどんこ病にだけは気をつけましょう。

広告

ハーブティーで

◆ クセがない味

エキナセアと聞いて首を傾げる方もいらっしゃるかもしれませんが、ムラサキバレンギクと言うとピンとくる方は多いかもしれません。エキナセアはラテン名で、エキナケアとも呼ばれています。 欧米では、ハーブティーとして飲まれている他にも、炎症や傷の治療にも使われていました。免疫力を高める効果もあり、アレルギー研究に用いられるなど、医学界から注目されているハーブです。薬効は種以外の部分にあり、特に根の部分にあります。 エキナセアのハーブティーは草木の香りで、くせがないので飲みやすいです。ハーブティーというよりは、スープを飲んでいるような印象を受ける方が少なくありません。食事中のお茶としてもオススメです。味にくせがないため、他のハーブティーにブレンドしても味を変えることなく飲むことができます。

エキナセアのハーブティーは、ハーブ自身が持つ免疫力を高める効果により、インフルエンザが流行る季節に人気が出ます。しかし、寒い季節だけでなく、美肌を目指す方にも嬉しいハーブティーですので、毎日のお茶として飲んでも良いでしょう。 免疫アップ効果を期待したい方はエキナセアにジンジャーとローズヒップを、つやつやお肌になりたい方はエキナセアにローズマリーをブレンドすると効果アップです。 キク科の植物にアレルギーがある方は、摂取に充分注意してください。